友達をなくすところだった迷惑な友達の恋愛

友達が好きな人が自分の事を好きになってしまった。

これ、本当にあった話なんです。

私の方はその人のことをべつになんとも思っていなくて、ただ、友達が好きな人、っていう認識しか
していなかったのですが、いつの間にか好きになられていたみたいで。

実際に告白されてしまって、私も振ったんですけど、すごくしつこく話しかけてきて。

やっぱりそこで友達も、その人が私のことを好きだってことに気づいて、嫉妬されてしまったんです。

いくら私があの人のこと何とも思ってないんだよっていっても信じてくれなくて。

そのうち、私のグループの人も、彼女につく派と、私につく派に別れてしまって、仲良かったのが
嘘みたいに全然喋れなくなってしまいました。

でもどちらかというと、私の友達の方が可愛いし人望もあったから、私に敵対してくる人の方が多くて、私は友達の好きな人を知りつつ奪ったやつ、みたいな雰囲気になってすごく辛かったです。

でも、やめてと言っても無視をしても相手は話しかけまくってくるので問題解決には至らず。

結局、彼女の方が恋の熱が冷めて、その人を気持ち悪く見えてきたみたいで、誤解だったことも分かって、仲直りしました。

仲直りできたからいいものの、もう男関係で友情が壊れるのはごめんですね。

関西に出張で行った時の事。

仕事が思ったよりも早く終わったので、滞在先のホテルに岡山風俗情報のデリヘル嬢を呼ぶ事にしたんです。

部屋でチューハイを飲みながら待つ事15分少々、思ったよりも早くデリヘル嬢がやってきました。

見た目は、若い頃の林葉直子に似ていて、少しケバい感じですが悪くはありません。

部屋に入るとすぐにディープキスからはじまり、服をゆっくり脱がせてちんぽも揉んできます。

そして浴室に導かれて、ボディーソープで全身を洗ってくれました。

洗い方も丁寧で、川崎のソープランドにいるようです。

全身が綺麗になった所で、ベッドに移動し、バスタオルを何枚かしいて、ローション素股プレイを開始。

これがまたすこぶる気持ちがよくて、素股でここまで感じたのは初めてかもしれませんね。

ヌルヌルの女体全部をフルにつかって滑らせてくるんです。

おまけに素股の時なんて、本当は先っぽ入ってるでしょ?と錯覚を起こす程、ちんぽが包まれるような感覚でびっくりしました。

何度もちんぽを確認したけど、ぎりぎりの所で入ってはいないんです。

そんな絶妙のテクニックを味わいながら最後はキスをしながら、ドクドクっと手コキフィニッシュ。

こんな濃厚な素股は初めてだったので、彼女は素股の鬼と命名しました。